お中元

お中元

お世話になっているからこそ、迷ってしまうお中元。 でも、ちょっとした心遣いで、相手に思いは届くのではないでしょうか?

お中元 時期

お中元の時期は、関西と関東では微妙に違います。

 

関東なら7月初旬から7月中旬まで、

関西なら7月中旬から8月中旬までに贈るというのが、一般的です。

 

気になるのは、関東・関西圏以外の地域の場合。

 

東北・北陸地方は、関東と同じ7月初旬から7月15日までですが、

北海道、7月15日から8月15日でしたが、これは道内の場合。

最近では、道外からのお中元が届くことも増え、7月上旬に贈るようになりつつあるようです。

 

中部圏は従来は7月中旬から8月15日までの間でしたが、

関東圏の影響から、7月上旬に届くようになってきているようです。

 

中国・四国地方については、

関西圏と同じ、7月15日から8月15日の間に贈るのが多いようです。

 

そして、お中元の期間が短いのが九州で、8月上旬から8月15日の間。

ですから、九州に贈る場合は、気をつける必要があります。

 

お中元 マナー

せっかく贈るのですから、マナーには気をつけましょう。

 

お中元を贈るときのマナーとしては、添え状を同封するか、送り状を送ると良いでしょう。

時期は地域差もありますし、感謝の気持ちを届けるのが目的なので、

あまり神経質になる必要はないと思います。

 

ただ、贈る時期が遅れてしまった場合は、

「暑中お見舞」「残暑お見舞」(目上の人のばあいは、「暑中伺い」「残暑伺い)として、

贈ったほうがよいでしょう。

あと迷うのが、相手が喪中の場合

お中元は感謝の気持ちを届けるものなので、基本的には贈っても失礼にはなりません。

しかし、気になるのであれば、赤白の水引を避けたり、

中見舞、残暑見舞という形で届ければ良いのではないでしょうか?

 

お中元 高島屋

お中元を高島屋のようなお店で選んだものを贈ると、

わざわざ足を運んで選んでくれたという、

気持ちが相手には伝わると思います。

 

贈る相手が取引先だったり、

個人的にお世話になっている人だったりしますが、

そうした相手のことも配慮して選ぶのも大事なこと。

 

そして、時期も夏場なので、日持ちのするものだったり、

日常で使いやすいものを選ぶとよいのではないでしょうか?

 

そう思ってみると、カタログギフトもひとつの選択肢といえます。

お中元 トップへ戻る