不動産売却

不動産売却

不動産売却に関する、税金、費用、査定などの情報を載せてます。 参考になればありがたいです。

おすすめネット通販 > 不動産売却

不動産売却 税金

売るときに利益がでれば、それは譲渡所得とみなされ、税金がかかってきます。

 

譲渡所得は、以下の様な計算式で表されます。

譲渡所得=譲渡価格-(取得費+売却費用)

 

そして、その譲渡所得に税金がかかるわけですが、それはこのように計算されます。

 

課税譲渡所得=譲渡所得-特別控除

 

この特別控除というのは、

譲渡するのが居住用(つまり、マイホーム)であれば、3000万円控除になります。

 

さらに、譲渡した時にかかる税金は、所得税と住民税なのですが、

これらは土地建物の所有期間で変わってきます。

 

具体的には、5年を境界にして税率が変わってきます

この時、気をつけないといけないのは、譲渡した時期です。

 

所有期間とみなされるのは、譲渡した年の1月1日まで

つまり、譲渡した日が12月であっても、所有期間としてカウントされるのは、

前年の12月31日までということなんです。

 

ですから、もし譲渡する予定のある人は、所有期間については、

しっかりチェックしておいたほうがよいでしょう。

 

不動産売却 費用

売る時にかかる費用というのは、以下のとおりです。

1.仲介手数料

2.譲渡税

3.登記費用

4.印紙代

 

ここで気になるのは、仲介手数料と登記費用。

仲介手数料は、不動産売却するときの値段で決まってきます。

 

仲介手数料=不動産売却価格☓3%+60000(税抜き)

 

登記費用については、具体的な値段は出しにくいです。

現在、司法書士の払う登記費用は自由相場になっていて、決まってません。

 

ですから、登記費用については、

司法書士の方と話を詰めるか、間に入る不動産屋さんとで話をしてみるしか、ないようです。

 

あとは売却する予定の場所が、抵当権が設定してある場合は、

抵当権解除の手続きが必要になります。

 

これは抵当権の本数や、司法書士への報酬額にもよりますが、

大体1~2万円くらいにようです。

 

不動産売却 査定

売るとなると、気になるのは査定価格。

どうせ見積をとるのなら、いくつかあたってみたいもの。

 

査定をしてもらえるところを探してみたら、こんなサイトがありました。

 

 スマホ用

不動産査定エージェント

 

不動産売却 トップへ戻る